タフト 1回目の車検 21,900km走行 エアクリフィルター&エアコンフィルター交換 ダイハツ不祥事発覚タフトも該当 2023年12月

1回目の車検が来ました。
あっという間の3年でした。
車は元気に走っています。
悪いところは特に感じていません。
車検の結果としても悪いところは特になく、エアクリとエアコンの両フィルターが汚れているとのことで交換しておきました。
ファブリーズの防カビ(夏)、抗菌(冬)を付けていたんですけどね。


ダイハツディーラーでの車検は初回だけにします。
ディーラーさんの検査資格を維持するにあたり、Spiegelさんのラテラルロッドは通せないらしく、ここまで純正に戻してました。
ロッド自体は車検対応なんですけどね。
ちなみに、TANABEさんのサスペンションは問題なかったです。
今後社外パーツを付ける可能性を考えて、次回からは近くの車屋さんで車検をすることにします。
オイル交換は半年に1回ペースで換えるようにしていこうと考えています。
1年間平均で約7,000km走っています。



さて、車検を終えた後、テレビでダイハツの不祥事のニュースが流れました。
↓ダイハツ公式HPの調査結果
https://www.daihatsu.com/jp/news/2023/20231220-3.html?_gl=1*1c18y93*_ga*MTU1MDUzNzk5NC4xNjc1NTk5MzM1*_ga_ZLVTYZQHWE*MTcwNDM3MDAzOS4zLjAuMTcwNDM3MDAzOS4wLjAuMA..#_ga=2.208600853.625230915.1704370040-1550537994.1675599335
タフトも該当車種の中に入っています。
何の項目に不正があったのかはよくわかりませんが、安全性に関わるところに問題があるときには詳細が公開されると思われます。
車に乗っていても今のところ大きな問題は感じませんので、引き続き乗っていこうと考えています。
ソフト的にいけてないのは、『アダプティブクルーズコントロールが安定しない』ところと『10ℓ未満の満タン給油で燃費やTRIPメーターリセットがかからない』ところですね。
後者はバグと認識していても直さないと言われています。
一方、リコールにあったオートパーキングブレーキの安定性改善はよくなっている印象です。
以前は解除時にガガガッと音が鳴ることがありましたが、ソフトアップデート以降はなくなりました。
ダイハツの動向については様子を見ていきます。
中古の価値は壊滅的でしょうね。

ヒストリー
スポンサーリンク
高所恐怖症おじさんのセカンドライフ

コメント